食肉販売専門店 株式会社ジャンプ

会社案内

ホーム > 会社案内

社長あいさつ

代表取締役
上村 機八郎

「食肉を通して食文化の向上に少しでもお役に立ちたい」そんな思いで創業して、はや52年が経ちました。

ここまで無事に会社経営ができましたのも、一重にお客様の温かいご支援を頂くことが出来たからこそ成しえたことと心から感謝しております。

この業界に素人からの参入は色々な面で私には驚きの連続でした。
しかしながら、今考えると、この業界の良いところ又は受け入れられないところの判断は、素人だから出来たことが多くありました。今では当たり前の販売手法も、当時は斬新な販売スタイルであり、同業の方からはお叱りを受けることも度々でした。ですが、この業界で素人の私が生き残るには「販売価格を低くして生産性を上げる」この方法しかありませんでした。幸いなことに、お客様のご賛同を頂き、店舗展開を成し得ることができました。ジャンプでは時代の変遷に取り残されることのないよう試行錯誤の連続ですが、昨年から新たに飲食部門と本格総菜部門を立ち上げて果敢に取り組んで いるところでございます。

これからも、チャンスがあればジャンプの業績拡大に役立つならば前向きに何事にも取り組んで参ります。さらに、弊社社員には若い人材が大勢育ちつつあります。 若いエネルギーをジャンプの原動力に、これからも皆様のご支援を頂きながら社業の発展に邁進して参ります。

今後ともお引き立て賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

会社概要

社名 株式会社ジャンプ
創業 昭和42年7月22日
設立 昭和51年6月1日
役員 代表取締役社長 上村 機八郎
取締役営業部長 下平 和宏
取締役社長席付 上村 直人
顧問 上村 良介
上村 泰次
本店所在地 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-22-7
TEL:03-3337-9550
FAX:03-3330-1725
本部事務所
所在地
〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町6-13-22 株式会社ジャンプ 本部
TEL:03-3978-2468
FAX:03-3978-2462
資本金 3,100万円
従業員数 社員130名 パート・アルバイト250名(2018年6月現在)
主な取引銀行 みずほ銀行 田無支店
三菱UFJ銀行 江古田支店
埼玉りそな銀行 朝霞支店
商工中金 池袋支店
武蔵野銀行 朝霞支店
朝日信用金庫 大泉支店
事業案内 食肉および加工肉の小売
飲食店の経営
惣菜店の経営
福利厚生 保険:健康/厚生/雇用/労災
中小企業退職金制度
施設:独身寮/石打舞子高原保養所

行動計画

03 長期目標(5~10年)
入社3年目以上のスタッフが、すべてお肉のマイスターであり、新たな付加価値を創造できる会社でなかればならない。
スーパーでは、買えない商品・サービスを提供する。
02 中期目標(2~3年)
  • 社内マイスター制度を構築し、知識だけではないお客様に寄り添えるスキルをスタッフが取得する。
  • 商品がもたらす付加価値を意識し、販売において目的とする。
01 短期目標(~1年)
  • OJT、研修において、会話から販売につながるスキルを全スタッフが習得する。
  • 全社的な食材テーマから、各店が自由な発想でおすすめする月間プランで動く。
  • 新店舗に向けた、責任者と技術スタッフを十二分に備える。
  • セントラルキッチンから、半総菜を出荷できる体制を整える。
  • 値段ありきではない、新しい広告方法を運用する。

組織図

代表取締役社長、取締役社長席付、取締役営業部長、管理部、顧問

会社沿革

昭和42年7月22日 代表取締役 上村機八郎、ならびに専務取締役 上村良介、上村泰次の3名で東京都練馬区東大泉2-16-18にて創業。大泉店オープン
昭和51年6月1日 株式会社「肉のカミムラ」を設立
平成4年4月8日 多店舗を目指し、事業の発展と飛躍の意味を込め、HOP(事業立ち上げ)、STEP(株式会社設立)の次のステージとして「ジャンプ」と改名。
当時の子供たちに人気絶大であった週刊誌のタイトルでもあり、この世代の子供たちが大人になった先も社会に貢献できるような会社でありたいという願いも込められています。
平成27年9月8日 ディスカウント業態「フレンズ」を立上げディスカウントストアー出店のため、品数を絞り徹底的にディスカウントに特化した業態1号店を東京都福生市にOPEN
平成28年6月22日 飲食事業として、肉専門のバルスタイル「肉バル」1号店を東京都練馬区にOPEN
平成30年3月16日 大型ショッピングセンター出店のため、精肉と肉総菜の販売を行う「肉匠 かみむら」1号店を神奈川県座間市ににOPEN

売上推移

平成19年度35.2億円、平成20年度36.3億円、平成21年度40億円、平成22年度43億円、平成23年度41.2億円、平成24年度44.1億円、平成25年度48.9億円、平成26年度56億円、平成27年度59.6億円

行動理念

知識と勇気が決断

経営理念

1. ジャンプはジャンプで働く人達が全員で築き上げていくものである

1. ジャンプの発展はジャンプで働く人達の幸せにつながらなければならない

1. お客様との関係は顧客と云う概念を超えた人間本来の誠心に起因した関係でなければならない

1. ジャンプに働く人達は常に自己の業務を通し広く社会に貢献する誇りを大切にしなくてはならない

1. 適正利益はジャンプ存続と繁栄の源である

経営方針

1. 生産者が判り、安心出来る美味しい商品の販売を心がけ、お客様とジャンプに働く人達が、
価値観の共有出来る店舗運営を目指す。

2. 経営効率化によるコストダウンを売価に投影し常に地域一番店を目指す。

3. 経営基盤の安定を求め効率よい店舗展開を継続する。

4. 効率化による社員の労働時間短縮を目指す。

私たちが考えるジャンプ人の姿

その1、ジャンプのプライスは、私たちのエネルギーと情熱の表れです。

その2、ジャンプの売場には、「これ、いいね!」「NiceOne!」があふれています。

その3、ジャンプで働く私たちは、お客様の笑顔が大好きです。